<15>独立開業できる資格

*

<15>独立開業できる資格

「資格を取って、独立開業したい」そう考えるなら、独立開業向きの資格を取らなければなりません。難しい資格であれば、独立開業に向いているかというと、そういう訳ではありません。たとえば、簿記1級。経理のスペシャリストになれる資格ですが、経理部門の管理職など、会社内で活躍することが多い資格です。
宅建も、不動産会社内で活躍する資格です。宅建資格のみで独立することは少ないです。

では、どんな資格が独立開業できる資格でしょうか。
一つは、司法書士。かなりの難関資格ですが、資格取得後は司法書士事務所で実務計絵件を積み、その後独立する人が大勢います。

行政書士も独立開業向きの資格です。扱う仕事の種類は8,000~10,000種類と言われています。そのため、行政書士としての実務経験がなくても、それまでの経験を活かしていきなり独立する人もいます。もちろん、行政書士事務所に就職して実務経験を積むこともできます。

税理士。一度顧客を掴めば安定した収入が見込めるので、税理士は人気資格です。税理士事務所や会計事務所で経験を積んで独立するのが普通です。

社会保険労務士。年金関係、労務関係業務の他に、助成金専門の社会保険労務士もいます。会社がある限り、労働者がいる限り、仕事はあります。税理士同様に一度顧客を掴むと安定した収入が見込めます。細やかな心配りもいる仕事なので、女性の活躍も目立ちます。

いずれも難関資格ですが、取っておくと「いつかは独立したい」という夢がかなえられます。